東急バス 時刻表

東急バス 時刻表を紹介します。 東急路線バス時刻表や東急バス 路線図、東急バス 路線、東急バスナビ、東急バス 定期代など東急バスに関する情報をお届けします。

東急バスの時刻表を見る

東急バスは、東京でも見かけますがどとらかというと川崎市とか横浜市を
メインに走ってるバスという印象があります。

一般路線バスの他にも、終電に乗り遅れた方などのために深夜急行バスや
空港直通バスなどを運行しているようですが、皆さんはご利用されたこと
はあるでしょうか?

東急バスは、昔からあるような気がしてたのですが、以前は東京急行電鉄
がバス部門として運営してたようですね。

そこから、切り離されて1991年に東急バス株式会社になったんですね。

まあ、バス会社にはありがちなパターンですよね。

そうすると、東急バスになってからはまだ20年経ってないですが、東急
電鉄時代も含めるとかなり歴史がありますね。

東急バスの車両は、意外とカラフルですよ。

確か、赤・白・黄色のカラーリングだったと思います。

あっ、それはロマンス車(貸切車)でした。

一般路線バスは、銀色に赤い帯のデザインで、こちらは結構地味ですね(笑)。

東急の高速バスはかっこいいと思います。

銀色のボディーにブルーとピンクのラインが斜めにはいっていて、

横にTOKYU Limousineのロゴがついてるんです。

リムジンですよ~いいですね!

東急バスの高速バスで旅行に行ってみたいですよね。

東急バスは営業所がたくさんあります。都内に7箇所、それから神奈川
には6箇所もあるんですね。

ですからかなり広範囲の路線を運行しています。

各営業所について後で解説したいと思います。

なお、東急バス時刻表は東急バスのホームページをご覧ください。

東急バス時刻表 綱島

綱島駅の東急バスのバスターミナルは高架下にあるんですよね。

なんかつぶされそうで恐いですけど。

ターミナルに来たバスは、誘導員が誘導して後ろから入るんですが、
発射時刻間際や、過ぎてる場合は、そのまま路上でお客さんを乗せる
場合もあるようです。

東急バスの綱島駅「のりば」は1から4までありますが、ラッシュアワー
の時は、かなり混雑します。

このため、渋滞に巻き込まれることも多く、地元の人や乗りなれてる人は
、1つ手前の別所駅で降りて綱島駅まで歩いていくそうです。

そのほうがよっぽど早いと言ってました。

ちなみに、綱島駅(つなしまえき)は、横浜市港北区綱島にある東京急行
電鉄東横線の駅ですが、もともとは温泉地として栄えたんですね。

そういえば、鶴見川の大綱橋付近にアゴヒゲアザラシの『タマちゃん』が
現れて話題になったことがありましたよ。

あの時は、帷子川の横浜駅近くなどにも出没して『タマちゃん』フィーバー
でしたよね。懐かしいです。

話がそれてしまいましたが、綱島駅に東急バスの発着時間については、
東急バス 時刻表 綱島を東急バスHPより参照してください。

綱島駅から出る東急バスの本数はとても多いですね。

10分間隔前後で、また次のバスがくるので山手線みたいだなと思いました。

東急バスの深夜バス時刻表

東急バスが運行している深夜バスをご利用したことはありますか?

東京の主要ターミナル・渋谷駅から各地への輸送を確保しているが、終電間際の
ナイト・アローと、終電後のミッドナイト・アローがあります。

皆さんの中にも、残業や宴会などで終電を逃してしまい途方に暮れて
しまったことがあると思います。

タクシーを利用するという手もありますが、近場ならともかく郊外までと
なると、バカ高な料金になってしまうのでとても乗れませんよね。

現在は、漫画喫茶やインターネットカフェがあるので、そこで一夜を過ごす
という方もいるかも知れません。

そうはいっても、家族がいるなら自宅に帰りたいものです。

東急バス深夜バスは、そういった利用者からの要望により運行が開始
されたと言っても良いでしょう。

東急深夜バスは、東京で新宿、池袋についで利用客の多い渋谷から主要駅
を結んでいるので、救われた方も多いのではないでしょうか。

ただし、東急バスの深夜急行バスの一部路線では土曜日も運行しているが、
多くの路線では土・日曜日・祝日・振替休日・お盆休み・年末年始には運休
となるので注意が必要です。

これは、会社が休みの日には利用者が激減するためと思いわれます。

また、「バス共通カード」や「定期券」、「1日乗車券」では乗車できない
ので、注意が必要ですね。

東急バスの深夜急行バスの路線は以下の通りです。

○青葉台営業所が管轄の高速青葉台線
・渋谷駅→鷺沼駅→たまプラーザ駅→あざみ野駅→江田駅→市が尾駅→青葉台駅

○新羽営業所管轄の高速新横浜線
・渋谷駅→都立大学駅北口→等々力七丁目→新城駅前→中原駅前→東横線小杉駅→元住吉→日吉駅→綱島駅入口→大倉山駅入口→新横浜駅→(フリー降車区間)→新羽営業所

○東山田営業所が管轄の高速ニュータウン線
渋谷駅→すみれが丘→北山田交差点→センター北駅→センター南駅→仲町台駅

○高津営業所が管轄の高速二子玉川線
渋谷駅→大橋→三宿→三軒茶屋→上馬→駒沢→深沢八丁目→用賀一丁目→二子玉川駅→高津駅入口→溝の口駅

以上4つの路線がある。(wikipediaより参照)

なお、新宿や池袋などからは、東急バス以外のバス会社が深夜バスを運行しているので、それらを利用すると良いと思います。

バスの発着時間については東急バスのホームページにて、深夜バス時刻表で確認してください。
>>都市間高速バス・夜行バスのオンライン予約サイト!

東急バスの深夜急行バスは、終電に乗り遅れた人の強い味方ですね!

東急バス 新羽営業所

東急バスの営業所は、神奈川県には6箇所ありますが、横浜にある
のが、新羽営業所です。ちなみに新羽は「にっぱ」と読みます。

主に東急東横線の日吉駅や網島駅周辺の路線を運行しているようです。

東急バス新羽営業所の表札を写真で見たことありますが、かなり
年季はいってましたからそうとう前から営業してるんでしょうね。

最近では、2006年に、空港路線が虹が丘営業所から移されています。
「日吉駅」「たまプラーザ駅」「新百合ヶ丘駅」から羽田空港に向かう路線と、
新百合ヶ丘駅~たまプラーザ駅~成田空港に向かう路線です。

ご利用になった方もいると思いますが、カラフルな車両でかっこいいですよね。

東急バス新羽営業所管轄では、2004年にディズニーリゾート路線が開通
したので、ご利用になった方もいるのではないでしょうか?

利用者の皆さんが、東急バスと知ってるかどうかは疑問ですけど、

東急バスでディズニーランドに行った人は相当いると思いますよ。

たまプラーザ駅と東京ディズニーリゾート間をピストン輸送しているのは実は東急バス新羽営業所なんです。

まあ、よっぽどバス好きじやないとどこのバスかなんて気にして
乗らないとは思いますが、たまプラーザ駅からディズニーランド
に行く時は、東急バスを利用してみてはいかがでしょうか。

東急バスのディズニーランド直行バス

東急バスのディズニーランド行きがあるということは、前回記述しましたが、

運賃などについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

東急バスは、2004年より、東急田園都市線たまプラーザ駅と

ディズニーランドを結ぶ直行バスを運行しています。

乗車した方もいると思いますが、バスは、たまプラーザ駅を出発し、

第三京浜道路と首都高速道路経由して東京ディズニーランド(ディズニーリゾート)に到着します。

所要時間は、85分となっていますが、道路が混んでたりするともっと時間が

かかる場合もあるようです。

さて、気になる運賃ですが、片道大人が1,300円、小児が650円と
なっています。高いのか安いのか微妙ですよね。

ちなみに、日曜・祝日限定ですけど、ファミリー割引運賃というのが

あって、大人2名と小児1名で片道2,600円です。

つまり、小児(小学生未満)が一人分只で乗車できるということですね。

これは、とってもお得で良いと思いますが、日曜・祝日限定なので

間違いなく混みますよ~。

しかも、小児はひざだっこじゃないとダメなんでつらいかも?

東急の直行バスは、毎日10往復しているので、帰りも安心ですね。

なお、バスの発着時間については、東急バスのホームページにて、 東急バス時刻表 たまプラーザ駅を参照してください。

東急バス 時刻表カテゴリー項目一覧

東急 深夜バス

東急バスの深夜バス時刻表

東急バス ディズニーランド

東急バスのディズニーランド直行バス

東急バス ナビ

東急バスナビは便利!

東急バス 二子玉川

東急バス 二子玉川の路線

東急バス 新羽営業所

東急バス 新羽営業所

東急バス 時刻表

東急バスの時刻表を見る

東急バス 時刻表 綱島

東急バス時刻表 綱島


東急バス 時刻表のおすすめ!

東急バスの時刻表を見る

東急バスは、東京でも見かけますがどとらかというと川崎市とか横浜市を
メインに走ってるバスという印象があります。

一般路線バスの他にも、終電に乗り遅れた方などのために深夜急行バスや
空港直通バスなどを運行しているようですが、皆さんはご利用されたこと
はあるでしょうか?

東急バスは、昔からあるような気がしてたのですが、以前は東京急行電鉄
がバス部門として運営してたようですね。

そこから、切り離されて1991年に東急バス株式会社になったんですね。

まあ、バス会社にはありがちなパターンですよね。

そうすると、東急バスになってからはまだ20年経ってないですが、東急
電鉄時代も含めるとかなり歴史がありますね。

東急バスの車両は、意外とカラフルですよ。

確か、赤・白・黄色のカラーリングだったと思います。

あっ、それはロマンス車(貸切車)でした。

一般路線バスは、銀色に赤い帯のデザインで、こちらは結構地味ですね(笑)。

東急の高速バスはかっこいいと思います。

銀色のボディーにブルーとピンクのラインが斜めにはいっていて、

横にTOKYU Limousineのロゴがついてるんです。

リムジンですよ~いいですね!

東急バスの高速バスで旅行に行ってみたいですよね。

東急バスは営業所がたくさんあります。都内に7箇所、それから神奈川
には6箇所もあるんですね。

ですからかなり広範囲の路線を運行しています。

各営業所について後で解説したいと思います。

なお、東急バス時刻表は東急バスのホームページをご覧ください。

東急バス 時刻表を紹介します。 東急路線バス時刻表や東急バス 路線図、東急バス 路線、東急バスナビ、東急バス 定期代など東急バスに関する情報をお届けします。


東急バス 時刻表 Pick Up!

綱島駅の東急バスのバスターミナルは高架下にあるんですよね。

なんかつぶされそうで恐いですけど。

ターミナルに来たバスは、誘導員が誘導して後ろから入るんですが、
発射時刻間際や、過ぎてる場合は、そのまま路上でお客さんを乗せる
場合もあるようです。

東急バスの綱島駅「のりば」は1から4までありますが、ラッシュアワー
の時は、かなり混雑します。

このため、渋滞に巻き込まれることも多く、地元の人や乗りなれてる人は
、1つ手前の別所駅で降りて綱島駅まで歩いていくそうです。

そのほうがよっぽど早いと言ってました。

ちなみに、綱島駅(つなしまえき)は、横浜市港北区綱島にある東京急行
電鉄東横線の駅ですが、もともとは温泉地として栄えたんですね。

そういえば、鶴見川の大綱橋付近にアゴヒゲアザラシの『タマちゃん』が
現れて話題になったことがありましたよ。

あの時は、帷子川の横浜駅近くなどにも出没して『タマちゃん』フィーバー
でしたよね。懐かしいです。

話がそれてしまいましたが、綱島駅に東急バスの発着時間については、
東急バス 時刻表 綱島を東急バスHPより参照してください。

綱島駅から出る東急バスの本数はとても多いですね。

10分間隔前後で、また次のバスがくるので山手線みたいだなと思いました。

東急バスが運行している深夜バスをご利用したことはありますか?

東京の主要ターミナル・渋谷駅から各地への輸送を確保しているが、終電間際の
ナイト・アローと、終電後のミッドナイト・アローがあります。

皆さんの中にも、残業や宴会などで終電を逃してしまい途方に暮れて
しまったことがあると思います。

タクシーを利用するという手もありますが、近場ならともかく郊外までと
なると、バカ高な料金になってしまうのでとても乗れませんよね。

現在は、漫画喫茶やインターネットカフェがあるので、そこで一夜を過ごす
という方もいるかも知れません。

そうはいっても、家族がいるなら自宅に帰りたいものです。

東急バス深夜バスは、そういった利用者からの要望により運行が開始
されたと言っても良いでしょう。

東急深夜バスは、東京で新宿、池袋についで利用客の多い渋谷から主要駅
を結んでいるので、救われた方も多いのではないでしょうか。

ただし、東急バスの深夜急行バスの一部路線では土曜日も運行しているが、
多くの路線では土・日曜日・祝日・振替休日・お盆休み・年末年始には運休
となるので注意が必要です。

これは、会社が休みの日には利用者が激減するためと思いわれます。

また、「バス共通カード」や「定期券」、「1日乗車券」では乗車できない
ので、注意が必要ですね。

東急バスの深夜急行バスの路線は以下の通りです。

○青葉台営業所が管轄の高速青葉台線
・渋谷駅→鷺沼駅→たまプラーザ駅→あざみ野駅→江田駅→市が尾駅→青葉台駅

○新羽営業所管轄の高速新横浜線
・渋谷駅→都立大学駅北口→等々力七丁目→新城駅前→中原駅前→東横線小杉駅→元住吉→日吉駅→綱島駅入口→大倉山駅入口→新横浜駅→(フリー降車区間)→新羽営業所

○東山田営業所が管轄の高速ニュータウン線
渋谷駅→すみれが丘→北山田交差点→センター北駅→センター南駅→仲町台駅

○高津営業所が管轄の高速二子玉川線
渋谷駅→大橋→三宿→三軒茶屋→上馬→駒沢→深沢八丁目→用賀一丁目→二子玉川駅→高津駅入口→溝の口駅

以上4つの路線がある。(wikipediaより参照)

なお、新宿や池袋などからは、東急バス以外のバス会社が深夜バスを運行しているので、それらを利用すると良いと思います。

バスの発着時間については東急バスのホームページにて、深夜バス時刻表で確認してください。
>>都市間高速バス・夜行バスのオンライン予約サイト!

東急バスの深夜急行バスは、終電に乗り遅れた人の強い味方ですね!

東急バスの営業所は、神奈川県には6箇所ありますが、横浜にある
のが、新羽営業所です。ちなみに新羽は「にっぱ」と読みます。

主に東急東横線の日吉駅や網島駅周辺の路線を運行しているようです。

東急バス新羽営業所の表札を写真で見たことありますが、かなり
年季はいってましたからそうとう前から営業してるんでしょうね。

最近では、2006年に、空港路線が虹が丘営業所から移されています。
「日吉駅」「たまプラーザ駅」「新百合ヶ丘駅」から羽田空港に向かう路線と、
新百合ヶ丘駅~たまプラーザ駅~成田空港に向かう路線です。

ご利用になった方もいると思いますが、カラフルな車両でかっこいいですよね。

東急バス新羽営業所管轄では、2004年にディズニーリゾート路線が開通
したので、ご利用になった方もいるのではないでしょうか?

利用者の皆さんが、東急バスと知ってるかどうかは疑問ですけど、

東急バスでディズニーランドに行った人は相当いると思いますよ。

たまプラーザ駅と東京ディズニーリゾート間をピストン輸送しているのは実は東急バス新羽営業所なんです。

まあ、よっぽどバス好きじやないとどこのバスかなんて気にして
乗らないとは思いますが、たまプラーザ駅からディズニーランド
に行く時は、東急バスを利用してみてはいかがでしょうか。

東急バスのディズニーランド行きがあるということは、前回記述しましたが、

運賃などについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

東急バスは、2004年より、東急田園都市線たまプラーザ駅と

ディズニーランドを結ぶ直行バスを運行しています。

乗車した方もいると思いますが、バスは、たまプラーザ駅を出発し、

第三京浜道路と首都高速道路経由して東京ディズニーランド(ディズニーリゾート)に到着します。

所要時間は、85分となっていますが、道路が混んでたりするともっと時間が

かかる場合もあるようです。

さて、気になる運賃ですが、片道大人が1,300円、小児が650円と
なっています。高いのか安いのか微妙ですよね。

ちなみに、日曜・祝日限定ですけど、ファミリー割引運賃というのが

あって、大人2名と小児1名で片道2,600円です。

つまり、小児(小学生未満)が一人分只で乗車できるということですね。

これは、とってもお得で良いと思いますが、日曜・祝日限定なので

間違いなく混みますよ~。

しかも、小児はひざだっこじゃないとダメなんでつらいかも?

東急の直行バスは、毎日10往復しているので、帰りも安心ですね。

なお、バスの発着時間については、東急バスのホームページにて、 東急バス時刻表 たまプラーザ駅を参照してください。